タイムカードとはどういうためのものか

企業においては社員の勤務状況を把握したり給与計算をして毎月の給料を支払って行くには勤怠管理を行う必要があります。この際に多く使われる事務機器がタイムレコーダーであり、その媒体となるのがタイムカードと呼ばれる印字のできる紙媒体のものです。

タイムレコーダーは社員の毎日の入社時刻や退社時刻を刻印して記録に残せるようになったもので、中には労働時間や時間給計算を行えるものも存在します。
記録媒体の紙がタイムカードと呼ばれこれ1枚分で社員1人の1ヶ月分の勤怠情報を記録できるようになっています。

ガジェット通信情報サイトを利用しましょう。

タイムカード以外にもICカードや指紋、指の静脈認証のできるもの、あるいは勤怠管理ソフトも利用されるようになり次第にこの方向に移行しつつあるとも言われています。

今年、最も指示を集めたタイムカード情報はすぐに役立ちます。

しかし主流は現在においても紙媒体であり、アルバイト従業者やパートタイマーではかえってこの方法が簡単で確認し易く費用も安くつくとされています。



タイムレコーダーはボックス型をしていてその見やすいところにアナログかデジタルの時計の時刻が表示され、プリンターと連動するようになっています。


そして出勤か退勤かの選択ボタンがついていてこれを選んだあとにタイムカードを挿入して印字するようになっています。本体上部にあるスリット状の挿入部は異物が入らないように紙媒体の大きさに合わせて作られています。


印字の際のプリンターはドットインパクトプリンターが使用されていて、印字が行われるとタイムカードが元の位置に押し出されるようになっています。