勤怠システムを使用する

会社には従業員がいますが、働くことで給料をもらうことができるのですが、最近ではその指標が業績や評価になっている会社も多いのですが、一方で労働時間を管理しなければなりません。

何時間働いてもいいわけではなく会社の就業規則や労働基準法の範囲内で働くことになります。
基本的には年間2080時間といった時間数があるので、その時間内の勤務であることと、休日をあたえなければなりません。

エキサイトニュースの特別な情報を載せています。

会社が36協定を結んでいる場合はその時間を超えて働くができるようになりますが、その場合は残業手当を支払わなければならないのです。


このような理由もあり会社は従業員の勤務を管理しなければならないのです。
これらを勤怠管理と言いますが、手作業で行うにはかなり労力がかかってしまいます。

より効率的に行うには勤怠システムを導入することです。


勤怠システムは従業員が出勤した退勤したという時間を集めることから始まります。



最近はタイムレコーダーがカードやバーコードを読み取りその人が出勤した、退勤したという時間を勤怠システムで収集することができます。



その結果を時間数で計算して勤務時間を求めます。

もし1日8時間の勤務であれば特に残業などの計算は必要ありませんが、その時間を超えた場合残業か判断しなければなりません。


勤務システムなら事前に設定しておくことで判断して計算することができます。その結果を給料計算に流すこともでき、いつでも勤務の状況を確認することができるのです。