タイムレコーダーが重用される理由とは

出退勤管理においてタイムレコーダーは古くから使用されてきました。


出社時に打刻し勤務終了時に打刻するという非常にシンプルなものですが、入力の方法が分かりやすく、また打刻の結果が自分でも確認できるため非常に単純なところが永津使用され続けている理由です。

エキサイトニュース情報を参考にしましょう。

その一方で出退勤管理は大きく進化を遂げ、最近ではシステム化されてその管理作業においては殆ど人手を介さないものも生まれています。
しかし、その入力方法は紆余曲折し最終的に従来から使用されているタイムレコーダー型が最も普及しているものとなっています。その大きな理由は、従業員の側から見た使いやすさです。



タイムレコーダーは出社時、退社時に打刻するだけでデータの入力が出来るものですが、出退勤システムの中には従業員が自分で出社時間、退社時間をパソコンで入力する形のものも少なくありません。

これは出退勤の管理を行う側とすれば直接システムに従業員が入力を行うので非常に管理が楽でシンプルなのですが、従業員の側からすると入力を忘れてしまったり、誤ったデータを入力してしまう危険性があるのです。
また、忙しい中でパソコンをその為だけに立ち上げて入力するのは面倒なものですし、まとめて入力をすることも多く実際の出退勤管理の観点からは問題もあります。


その為、企業によっては従業員に反発されることが少なくありません。
このような理由から、出退勤管理に於いては従来から使用されているタイムレコーダーを入力媒体としたシステムが最も普及しているのです。