勤怠管理の新しい流れ

勤怠管理といえばタイムレコーダーという方も多いですが、タイムレコーダーはさまざまな問題があることからあらたな方法が模索されています。

OKWaveは人気のテーマです。

タイムレコーダーの問題はいくつかありますが、最大の問題は誰でも刻印できることです。
カードがタイムレコーダーの近くにありますので好きなタイミングで他人のものであっても刻印可能です。

代理で押すこともできるので正確な時間を打っていると保証されないのです。


そこで勤怠管理をシステムとして見直す動きがあります。

勤怠管理をする際にスマートフォンを利用するケースが増えてきています。


スマートフォンはインターネットにも繋がっているのでどこにいても自分の退勤、出勤時間が申告可能です。

そのため、お客様のところに直行した場合などでも出勤管理が可能です。



出社、退社のタイミングについてはフレックス制の場合もあり、また、営業職や技術職でもクライアントへ直行する、直帰する場合もありますので身近なアイテムで勤怠管理ができるのはメリットが大きいです。また、代理で刻印されることもありませんので時間管理が正確になっていきます。


また、タイムレコーダーの有無に関わらず、勤怠管理システムと直結させてデータを自動転送できるので月初めに前月分の出退勤データを手作業で入力する手間もなくなりますし、正確なデータをより簡単に取得可能となります。

システム化されることで人手やコストが大幅に下げられると好評であり、利用者が急増しています。